• ホーム
  • 果物の摂取量で勃起不全リスクが低下する?

果物の摂取量で勃起不全リスクが低下する?

困っている男性

勃起不全の人は生活習慣病にかかっていることが覆いです。
血圧やコレステロール、血糖値が高いと診断された人は勃起しても十分な硬さにならず、満足できない傾向があります。
また生活習慣病を促進するタバコに関しては、1日2箱以上喫煙する人の60%以上が勃起不全の自覚があります。
喫煙習慣のない人は半分以上が勃起に関する異常を感じていません。
不規則な生活や食事によって勃起不全に陥っている場合は果物を食べると良いです。
果物にはビタミンとミネラルがたくさん含まれています。
ビタミンは代謝を高めて血液の流れを良くするので、陰茎に多くの血液が供給されます。
色の濃い果物が特に効果的です。
これらに果物にはフィトケミカルという化合物が含まれています。
植物は自生した場所から自由に動くことができません。
虫や紫外線などダメージを及ぼすものがたくさんある過酷な環境で生き抜くために、色素を利用しています。
この色素がフィトケミカルであり、色の濃い果物は過酷な環境で育ったことを示しています。
フィトケミカルは人間の体にも良い影響を与えます。
人間の体は金属と同じように錆び付いて老化します。
錆びつかせる原因が活性酸素で、加齢とともに活性酸素を除去する力は弱くなります。
フィトケミカルには非常に高い抗酸化力を持つので、体内で増えすぎた活性酸素を減らすことができます。
活性酸素は様々な生活習慣病の原因でもあるため、果物を食べると生活習慣病を予防することができます。
フィトケミカルは7食の色をバランスよく摂取するのがポイントです。
赤系のフィトケミカルはスイカ、オレンジ系はマンゴー、黄色系はレモン、緑色系はライム、紫系はブドウ、黒系はブルーベリー、白系は梨があります。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索